Top >  メニュー >  40代で結婚したときの出産のリスク

40代で結婚したときの出産のリスク

昔の女性は、25歳までに結婚しないともらい手がいなくなるといわれたので20台半ばの早婚が多くて、40代の結婚は夫に死なれたり夫と離婚した後の再婚が多かったです。しかし、21世紀になって今の女性のアラフォーの未婚率が20%以上になったので、未婚率30%の男性と同様、40代になって初婚で結婚することも決して珍しいことではなくなりました。ただ、40代初婚で出産を希望する場合、注意が必要です。20代の若い人に比べると妊娠しにくい上に、流産が起こりやすくなります。更に、ダウン症の先天性の障害児が生まれる確立が高くなります。年をとると育児と介護が同時に重なり精神的にも肉体的にも大変になります。日本では、アメリカやヨーロッパと違って子供は結婚前の同棲時代に作るのではなく、正式に結婚をして夫婦になってから作るという考えが強いです。だから、アラフォーの晩婚になると出産できる子供の数が限られるので40歳以降の初産は1人生むのがやっとで2人目3人目は望めないのが現状です。

メニュー

関連エントリー

幸せな結婚をするためには 結婚に踏み切れない理由 独身者がなぜ多くなってきているのか 結婚相談所の選び方 結婚相談所の料金 結婚相談所を利用するにあたって 結婚相談所に入会すれば結婚できる!? 結婚相談所を利用している男女比 結婚相談所の入会条件 結婚相談所における成婚率 私たちの結婚準備 恋愛がしたい! 初めてのデートの思い出 初恋の記憶 周りの話から気になりだして… 初恋って 初恋の瞬間 結婚指輪をリフレッシュ 結婚指輪を探す時のポイント 30代での結婚は、性別により違ってくるものになる 30代での結婚について 大人同士の結婚 やりたいことをやってから結婚 晩婚になってしまうのは仕方ない 晩婚は初産がきついかも 真面目に考えてみました お金が全てではないけれど、お金がなければ結婚は難しい 経済力と優しさです! 結婚願望がない訳ではないが 40代で結婚したときの出産のリスク 新婚とそうでないものの差 初めて妊娠しんどかったです 手続きが面倒でした 長男の人と結婚しました。