Top >  メニュー >  初恋の記憶

初恋の記憶

"初恋というと、なんだかこそばゆいような、甘酸っぱいような、独特の感じがします。

私にとっての初恋は、小学一年生の時です。今考えると、本当に初恋といえるほどだったのかなぁとも思いますが…。
同じクラスのやんちゃな男の子でした。特別かっこいいわけでもなく、頭がいいわけでもなかったのですが、よく一緒に遊んでいました。
私としては、自分が面倒を見てあげなければ…という気持ちだったのだと思います。

残念ながら、その子は引越してしまい、そのまま今に至っています。

時々、初恋の人と結婚した、という話も聞きますが、わたしにとってはあり得ないというか、初恋の気持ちをずっと持ち続けれる人は、すごいなぁと尊敬してしまいます。でもそれで幸せなら、とてもいいことですよね。"

メニュー

関連エントリー

幸せな結婚をするためには 結婚に踏み切れない理由 独身者がなぜ多くなってきているのか 結婚相談所の選び方 結婚相談所の料金 結婚相談所を利用するにあたって 結婚相談所に入会すれば結婚できる!? 結婚相談所を利用している男女比 結婚相談所の入会条件 結婚相談所における成婚率 私たちの結婚準備 恋愛がしたい! 初めてのデートの思い出 初恋の記憶 周りの話から気になりだして… 初恋って 初恋の瞬間 結婚指輪をリフレッシュ 結婚指輪を探す時のポイント 30代での結婚は、性別により違ってくるものになる 30代での結婚について 大人同士の結婚 やりたいことをやってから結婚 晩婚になってしまうのは仕方ない 晩婚は初産がきついかも 真面目に考えてみました お金が全てではないけれど、お金がなければ結婚は難しい 経済力と優しさです! 結婚願望がない訳ではないが 40代で結婚したときの出産のリスク 新婚とそうでないものの差 初めて妊娠しんどかったです 手続きが面倒でした 長男の人と結婚しました。